オフプライスストアって何?アウトレットとの違いは?

スポンサーリンク
アパレル

アパレル業界で今、注目され始めているオフプライスストアという業態があります。

日本でも有名な所でいうと、大手のワールドが「&Bridge」というオフプライスストアの展開を2019年夏から始めました。 まだ、聞きなれない方も多いと思いますので、オフプライスストアって何?という疑問について調べてみました。

Googleで検索すると一番初めに出てくるのが下記の文章です

オフプライスとは、最終在庫・過剰在庫となったブランド品などを買い取り、正規価格や卸売価格から割引して価格設定することです。 アウトレットと混同されがちですが、アウトレットはブランドが自社の売れ残り品を安く販売すること。 それに対し、オフプライスは小売店がブランドの売れ残り品を仕入れて安く販売することをいいます。

https://c-fine.jp/magazine/offprice/#:~:text=%E3%82%AA%E3%83%95%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E6%9C%80%E7%B5%82,%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%92%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

消費者目線から、一言で表すと「季節外れの洋服Gア安く買えるお店」といった感じでしょうか。

ただし、同じ安売りのお店でも、アウトレットとは少し違います。どこが違うかというとそれは品揃えです。お店やブランドによって品揃えが違うことは当たり前と言えば当たり前なのですが、オフプライスストアとアウトレットでは、根本的に商品の仕入れルートの違うため品揃えが違うのです。

日本でもなじみが深いアウトレットの業態では、基本的に自分たちのお店で販売していた自社ブランドの商品を最終的に売り切るためにアウトレットで安い価格にして販売しています。自分たちで余らせた在庫は自分たちで売り切るという考え方ですね。 ですのでアウトレットのお店では基本的に自社のブランドの商品を販売します。

一方オフプライスストアでは、他の会社で余った在庫を安く買い取って安く販売します。

色々なブランドから商品を安く仕入れるため、オフプライスストアには様々なブランドの洋服が並びます。 アパレルでは、たくさんのブランドから自分たちが良いと思う商品だけをセレクトして販売する「セレクトショップ」という業態があります。焼死者からすると、安価な価格の商品をそろえているセレクトショップみたいなイメージになるかもしれません。

なぜ、今オフプライスストアが注目され始めたのか?

このようにアウトレットとは少し仕入れの面が違うものの、消費者からすると同じ安売りのお店ともとらえられるオフプライスストアが、なぜ今注目され始めているのでしょうか?

その大きな理由の一つとして、「持続可能な社会の実現に向けた取り組み」があげられます。いわゆるサスティナビリティですね。

昨今、レジ袋やプラスチックストローの廃棄の問題など、「持続可能な社会の実現に向けた取り組み」があらゆる企業でも求められる世の中になってきました。

アパレル業界では、特に大きな問題が「在庫の廃棄」です。H&Mが毎年12万トンの売れ残り衣類を焼却処分(2017年10月)、バーバリーが42億円相当の売れ残り商品を焼却処分(2018年6月)といった内容のニュースが報道され、各アパレルブランドはその対策を迫られるようになってきました。

その対策の一つの手段としてオフプライスストアが注目されるようになったのです。

以前から自分たちで作った在庫をさばききれないブランドは多く、特に現在のコロナ禍のような状況ではそのようなブランドは増えてくるでしょう。

ワールドなど比較的体力のある大手企業が筆頭となって他ブランドの在庫を買い取り販売することで、アパレル業界の在庫廃棄問題の解決に繋げていくという狙いがあるようです。もちろん、ビジネスとしても成功する可能性は高く、ただのCSRとして行っている事業でもなさそうです。

オフプライスストアを成功させることは可能か?

ズバリ、オフプライスストアを成功させることは可能です。というか既に成功例がたくさんあります。

ワールドが展開しているアンドブリッジのようにメディアに露出して大きく打ち出したオフプライスストア成功している例は少ないですが、もっと小規模なオフプライスストアの成功例はたくさんあります。

あなたが住んでいる街にもあるのではないでしょうか?駅前やスーパーの近くなど人通りは多いが、少し奥まった場所にあり、家賃が比較的安そうな場所で営業している安売りの洋服屋さん。

これがまさにオフプライスストアなのです。

街の安売りの洋服屋さん、実は色々なアパレルメーカーの在庫を大量に安く買い取り、それを安売りしている場合がほとんどです。アパレル業界ではいわゆる「見切り商品」と呼ばれる、不良在庫がどのメーカーにもあり、それを買い取る見切り在庫買い取り専門業者も存在するほどです。街の安売りの洋服屋さんは、アンドブリッジのような洗練されたオフプライスストアではないにしろ、アパレル業界の在庫廃棄を減らし、消費者のもとに届ける役割を担っているのです。これらのお店もかなり地道な仕入れと販売を積み重ね、長い年月地元で愛されるお店となっているので、大手アパレルも本腰を入れてオフプライスストアを展開することで成功に導くことができるでしょう。

ということで、今回は今注目され始めているオフプライスストアについてご紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました